ゲームの洞穴 - livedoor Blog(ブログ)

ゲームの洞穴ヘッドライン

動画ダウンロードソフトMPX

1:2014/03/01(土) 18:18:11.59 ID:
『ドラゴンクエスト』に登場するボスモンスターをハイグレードなビッグサイズのフィギュアで
商品化する“スーパーHGフィギュア”シリーズが始動!

第1弾は、『ドラゴンクエストI』に登場するボスモンスター“りゅうおう”。精密に作り込まれた
造形と流麗な彩色、豪華な台座によって、“りゅうおう”の魅力を細部に至るまで再現している。
セリフプレートには、「りゅうおうが しょうたいを あらわした!!」「戦闘コマンド」「りゅうおうは
もえさかる かえんを はいた!」の3種が付属予定となっている。

こちら、スクウェア・エニックスより2014年6月中旬に発売予定だ。価格は12800円[税抜]
となっている。

ファミ通.com
http://www.famitsu.com/news/201402/28049028.html

続きを読む



geito at 19:50コメント(0) この記事をクリップ!

1:2014/02/28(金) 22:02:57.28 ID:
香港に拠点を置くヘッジファンドのOasis ManagementのSeth Fischer最高投資責任者は
任天堂に宛てた書簡で、スマートフォン市場への参入を促したと
ウォール・ストリート・ジャーナルやブルームバーグが報じました。

「マリオやドンキーコングで育った人たちが、今やスマートフォンで時間を費やすように
なり、その市場は10兆円規模にまで成長しています」とFischer氏は書簡で述べ、
多くの資産を持つ任天堂はこの市場に参入しても十分戦える位置にあると促しました。

「任天堂が適切な開発チームを用意すれば、ゲーム内課金のモデルで大きな収益性を
得ることは可能だと信じています。99セントを払えばマリオがもっと高く飛べるような、
ちょっと想像してみてください」

任天堂の岩田聡社長は1月末に開催した経営方針説明会で「多くのみなさんが
『スマートデバイスのアプリとして任天堂のゲームソフトを移植すれば、ビジネスが
拡大するはずだ』とおっしゃっているのですが、ハード・ソフト一体型のビジネスという
任天堂の強みを活かせない場では、任天堂の目標とする規模のビジネスを
中長期にわたって持続させることは困難ではないかと、私達は認識しています」
と話し、直接的にスマートフォン市場でゲームを提供することを否定しています。

一方で岩田氏はスマートフォンをユーザーとの強い繋がりを構築するために
活用する方針を示しており、精鋭チームを作り、年内にはスマートフォン向けアプリ
として何かしらのサービスを開始するとしています。

http://www.inside-games.jp/article/2014/02/27/74746.html

続きを読む



geito at 18:38コメント(0) この記事をクリップ!

1:2014/03/02(日) 15:15:18.47 ID:


『2ちゃんねる』の家庭用ゲーム板では「クソゲーオブザイヤー」(KOTY)なるスレッドがあり、
有志の方々が集まり毎年その年にいちばんアレだったゲームを選んでいたりする。

これまでの受賞作は、

2004年『ゼノサーガ エピソードII』
2005年『ローグギャラクシー』

2006年『ファンタシースターユニバース』

2007年『四八(仮)』

2008年『メジャーWii パーフェクトクローザー』

2009年『戦極姫~戦乱に舞う乙女達~』

2010年『ラストリベリオン』

2011年『人生ゲーム ハッピーファミリー ご当地ネタ増量仕上げ』

2012年『太平洋の嵐 ~戦艦大和、暁に出撃す!~』

だそうだ。2008年の『メジャーWii パーフェクトクローザー』などは、
バッターが打席で後ろ向きだったりピッチャーの顔が後ろ向きについていたりというとんでもないプレイ画像や動画がアップされていたのでご存知の方も多いのではなかろうか。
この年はノミネートされた7つのゲームがいずれ劣らぬ出来で「クソゲー七英雄」と呼ばれるほどの“当たり年”だったらしい。

昨年2013年に発売されたゲームで話題になったものといえば、
ファミ通満点なのに酷評された『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』があるが、
こちらはなんだかんだで普通に遊べるのでノミネートすらされなかった。
KOTYのレベルの高さがわかるというものだろう。

参考記事:「スピードワゴン行き」の声も ファミ通満点評価の『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』Amazonで酷評相次ぐ

http://getnews.jp/archives/408262
その『ジョジョ』のゲームは、現在『Amazon』で定価16980円の限定版「黄金体験 BOX」が1万円以上値引きされており、
通常版も定価7980円のところ2000円を切っているのでこの機会にゲットしてみるのもいいかもしれない。

まあそれはそうと、今回2013年の大賞に輝いたのはバンダイナムコゲームスの
『ビビッドレッド・オペレーション-Hyper Intimate Power-』とのこと。

受賞理由として

・DL専売ソフトとしては破格の5500円
・操作キャラ実質一人、敵全部合わせても6種類、上下移動すら出来ない戦闘、
通常CGの半分が背景、原作の中盤でいきなり打ち切りエンド、等々何もかもが足りない。
などいろいろな要素があるようである。KOTYは毎年「総評」がとても面白いので興味のある方は読んでみてはいかがだろう。

※画像は『クソゲーオブザイヤーWiki』(http://koty.sakura.ne.jp/)より

(著:Taka)

http://getnews.jp/archives/524875

続きを読む



geito at 18:37コメント(0) この記事をクリップ!